スポーツ・健康 スポーツ・健康

スポーツ振興と健康づくりの機運を高めよう

第2回桜の木の植樹会を開催しました!

平成29年12月3日、県総合運動公園にて「第2回桜の木の植樹会」を、県と総合スポーツゾーン事業関連工事安全協議会の共催で開催しました。

 

総合運動公園の桜の木は、昭和55年の「栃の葉国体」時に植えられたものがほとんどで、老木であることから、一部で根の浮き上がりや幹の腐食が確認されています。このような中、桜の木の世代交代を図る取組みとして、昨年に引き続き植樹会を開催し、今年は、水生植物園西側の池周辺に、27本の桜を新たに植えました。

 

当日は、緑が丘地区連合自治会や陽光地区連合自治会の方々など、約200名に参加していただき、昨年同様たくさんの子どもたちに参加していただきました。参加した方は、桜の向きや角度などを確認しながら、丁寧に植樹を行っていただきました。


また、植樹の後は、事業の伐採木で作った記念焼き印入りコースターの配付や、お菓子のつかみ取りも行われました。


来年の春には、今回植えた桜の木に大輪の花を咲かせてくれることでしょう。


植樹会は、来年も実施する予定です。

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。