機運醸成・連携 機運醸成・連携

「とちぎビジョン」の推進に向けて、核となる3つの取り組みを実施します。

「日本の木材活用リレー ~みんなで作る選手村ビレッジプラザ」 感謝状贈呈式が行われました!

平成29年11月24日、東京2020組織委員会虎ノ門オフィス(虎ノ門ヒルズ森タワー)にて「日本の木材活用リレー ~みんなで作る選手村ビレッジプラザ」の感謝状贈呈式がおこなわれました。

 

選手村ビレッジプラザの整備にあたり、使用する国産材2000立方メートルの無償提供に参加する63の自治体へ、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、感謝状が贈呈されました。

 

栃木県では、県、鹿沼市及び日光市(3者共同)が参加自治体に決定しており、県からは環境森林部長が出席しました。

 

感謝状贈呈式では、参加自治体から提供された木片で作成したエンブレムのお披露目や森 喜朗氏から個別に感謝状が手交され、記念撮影等が行われました。

 

感謝状(PDF)

エンブレム(PDF)

東京2020大会へのエール(東京2020組織委員会ホームページ掲載)

 

栃木県から提供する木材

スギ 30㎥(県、鹿沼市及び日光市が各10㎥)

 

選手村ビレッジプラザ概要

場所:東京都中央区晴海四丁目

施設概要:チーム歓迎式典や、花屋・雑貨店・カフェ等の店舗、メディアセンター等が配置され、多くの選手やメディア関係者が訪れる施設

 

▲ビレッジプラザの内観イメージ

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。