文化・教育 文化・教育

とちぎの文化と、オリパラをもっと知ろう

プロジェクションマッピングin県庁『ヒカリノタビ~文化が彩(いろど)る 栃木への誘(いざな)い~』を開催しました!

「とちぎ版文化プログラム」におけるリーディングプロジェクト事業として、優れた文化資源など、とちぎの魅力を国内外に広く発信するため、平成29年10月20日・21日の2日間、プロジェクションマッピングイベントを栃木県庁で開催しました。

 

「祭り」をはじめ、栃木県が誇る日本有数の自然や歴史的価値の高い建造物などを織り込んだ3D感覚の映像が、色を変え、形を変えて放たれる光と、心と体に響く音とともに県庁昭和館を彩り、あいにくの雨にもかかわらず、来場された多くの方々にその美しく迫力あるエンターテインメントを体感していただきました。

 

また、投影に先立って、20日には、オープニングセレモニーと平成29年度メディア芸術コンテスト表彰式が行われたほか、21日には、宇都宮短期大学附属高校の生徒による吹奏楽やチアダンス、小山貢清世(おやまみつきよ)社中による津軽三味線のウェルカム演奏が行われました。

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。