機運醸成・連携 機運醸成・連携

「とちぎビジョン」の推進に向けて、核となる3つの取り組みを実施します。

東京オリンピック・パラリンピックに向けた全国の取組を紹介します!

東京2020オリンピック・パラリンピック開幕を3年後に控え、様々な取組が全国で展開されています。それぞれの専用ホームページから情報を集めて、身近なところから東京2020大会に関わってみましょう!

 

東京2020参画プログラム

https://participation.tokyo2020.jp/jp/

 

東京2020大会とつながっている証として、地域のイベントなどに「東京2020応援マーク」を付与する取組です。マークが使用されているイベントに参加して、 東京2020大会を盛り上げましょう!

※要件を満たせば、特設サイトから「東京2020応援マーク」の取得申請をすることができます。

 

beyond2020プログラム

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020/

 

日本文化の魅力発信とともに、共生社会や国際化につながるレガシー創出に向けた取組です。要件を満たせば、祭、伝統芸能、現代アート等にロゴマークが付与されます。

※平成29年7月より、栃木県でロゴマークの申請手続が可能です。

「認証組織」の開始について(PDF)

 

都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト

http://www.toshi-kouzan.jp/

 

東京2020大会で使用される約5000個の金・銀・銅メダルを、全国各地から集めたリサイクル金属で作る国民参画型の取組です。自治体でのボックス回収や、認定業者による宅配回収等が行われています。

※回収場所や方法は、ホームページにてご確認いただけます。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー

http://flagtour.jp/

 

東京都内の区市町村を巡ったオリンピックとパラリンピックのフラッグが、現在、全国ツアーを行っています。各都道府県において、オリンピアン・パラリンピアンによる引継イベントや小中学校訪問、地域内のフラッグ巡回展示が約1ヶ月間順番に開催されます。

※栃木県の実施日程は、平成30年6月5日から7月3日となります。

 

 

TEAM BEYOND

https://www.para-sports.tokyo/?m=index

 

2020年に向け、障がい者スポーツに対する関心を高めるために、東京都が開設した障がい者スポーツのファンサイトです。メンバー登録することで、大会観戦の案内など、様々な情報を受け取ることができます。また、多くの著名人やアスリート、俳優、歌手、タレントが、この取組に参加しています。