スポーツ・健康 スポーツ・健康

スポーツ振興と健康づくりの機運を高めよう

新スタジアム新築工事の起工式開催

平成29年5月29日、県が整備を進めている総合スポーツゾーン新スタジアムの起工式が宇都宮市西川田の建設予定地で行われました。

 

総合スポーツゾーン新スタジアムは、元競馬場跡地を活用し、平成34年に本県で開催される第77回国民体育大会・第22回全国障害者スポーツ大会を見据え、「県民に愛され、県民が誇れる、県民総スポーツの推進拠点」として、栃木県が整備を進めている施設です。

 

起工式では、福田知事や小林県議会議長をはじめ、県や地元の関係者、設計・施工者など120名が出席し、くわ入れが行われました。

 

新スタジアムは、RC造(一部S・SRC造)の地上4階建てで、延べ面積42,168平方メートル、観客席は約25,000席、Jリーグ施設基準を満たすサッカー場や、全天候に対応した陸上競技場として整備し、完成は平成31年度末を予定しています。

 

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。