観光・地域産業 観光・地域産業

とちぎの魅力をたくさん発信しよう

観光・地域産業「ねらい・取り組みの方向性~」

ねらい 

 

世界最大のスポーツ・文化の祭典であるオリンピック・パラリンピックの東京開催を機に、世界中から多くの人々が我が国を訪れます。政府は、力強い日本経済を立て直すための成長戦略の柱として、世界に誇る魅力あふれる観光立国の実現を目指し、東京大会が開催される2020 年に向けて、訪日外国人旅行者数「2,000 万人時代」の早期実現を図ることとしています。 
また、組織委員会は、大会を契機とする日本各地の地域活性化や、日本のブランド力の発信による世界各国から全国津々浦々への外国人旅行者の誘致に取り組むこととしています。 
本県においても、この絶好の機会に、自然、歴史・文化、食等の本県の様々な魅力を国内外に向けて効果的に発信し、観光客の誘致を推進していきます。 
さらに、国内外から来県する観光客等を十分なおもてなしをもって迎えるため、東京大会の開催までに、ハード・ソフト両面からの観光客受入環境整備を積極的に進めるとともに、滞在時間の長期化やリピーターの増加を図るため、観光資源の磨き上げ等による新たな魅力の創出を行い、国内外の人から選ばれる観光地づくりを推進します。 
併せて、本県の農林水産品、食品、伝統工芸品、地場産業製品、自然等の様々な地域資源をメッセージ性を持って組み合わせるなど、製品等の高付加価値化や地域ブランドの確立を図り、世界中の人々に効果的に発信していきます。 
 

取組の方向性 

 

1. 戦略的な海外誘客プロモーションの展開 

 

世界に向けた情報発信の強化

  • 多言語による観光情報の充実を図るなど、世界に向けた情報発信を強化します。 

広域連携の推進

  • 関東運輸局や関東ブロックの1都7県8による広域連携を推進し、圏央道の開通等による成田空港、羽田空港からのアクセスの向上を生かした効果的なプロモーションを行います。

 

2. 国内外の人から選ばれる観光地づくり 

 

観光客受入環境の整備

  • 外国人観光客が快適に過ごせる環境を整備するため、案内表示等の多言語化、無料公衆無線LAN環境の整備、トイレの洋式化等を進めるとともに、ムスリム観光客の受入促進や外国人観光客の安全確保等に向けた検討を進めます。

観光案内機能の普及促進

  • 外国人観光客の快適な旅行をサポートするため、市町、観光関係団体等と連携し、ボランティアも活用しながら観光案内機能の普及促進を図ります。

着地型観光9の充実

  • 本県の観光の新たな魅力を創出するため、自然、景観、歴史・文化、食、温泉、観光施設等を活用した旅行商品や体験プログラムなどの造成を促進します。

おもてなしの向上

  • 市町、観光事業者、観光関係団体、商工団体等と連携しながら、県民一人ひとりのおもてなし向上に対する機運醸成を図ります。

 

3. 地域資源の活用促進 

 

地域資源のブランド価値向上

  • 本県にある多数の地域資源の魅力を十分に生かすため、地域資源の生産者とサービス提供者等が連携した地域資源の磨き上げやPRなどを促進します。

 

継承したいレガシー 

国内外から多くの観光客が訪れ、にぎわいあふれる社会

 


8 関東地方1都6県に山梨県を加えた1都7県 
9 観光客の受入先がプログラムを企画する観光の形態で、出発地の旅行会社が企画する「発地型観光」と対比されるもの