機運醸成・連携 機運醸成・連携

「とちぎビジョン」の推進に向けて、核となる3つの取り組みを実施します。

ハンガリーオリンピック委員会会長と駐日ハンガリー特命全権大使よりメッセージをいただきました

新型コロナウイルスの感染の世界的な拡大により、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が来年に開催延期となり、

栃木県で3月末に予定されていた聖火リレーも延期になってしまいました。

 

このような状況の中、ハンガリーオリンピック委員会クルチャール・クリスティアン会長と、

パラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー特命全権大使から、ホストタウンである栃木県に向けて励ましのメッセージをいただきました。

 

栃木県としてはハンガリーとの友好関係、そして、東京2020大会における協力体制を継続し、

来夏の東京2020大会開催に向けて、ハンガリーとより一層の交流を進めていきます。

 

◆ハンガリーオリンピック委員会クルチャール・クリスティアン会長からのメッセージ(日本語訳・抜粋)◆ 

 

 私たちと栃木県との協力関係は非常に価値の高いものであり、

 今後とも栃木県との良好な協力関係と積極的な業務連携が続いていくものと私たちは確信しております。

 

 私たちは東京で一緒に大会をお祝いできることを楽しみにしていますが、そのときまで、無事に過ごし、お互いに気にかけてまいりましょう。

 

◆パラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー特命全権大使からのメッセージ(抜粋)◆

 

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する前に、事前キャンプ実施の覚書が締結でき、協力関係を強化する運びとなりましたことと、

 栃木県では感染者が良化し、緊急事態宣言が解除されたことを心からお喜び申し上げます。

 

 ハンガリーと貴県の友好関係が、今後とも継続できるよう駐日ハンガリー大使館としては全面的に協力して参りたいと考えております。

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。