キャンプ地誘致の推進 キャンプ地誘致の推進

「とちぎビジョン」の推進に向けて、核となる3つの取り組みを実施します。

ハンガリー9競技団体と覚書を締結しました!

栃木県では、平成27(2017)年に世界陸上北京大会に出場するハンガリー選手団の事前キャンプの受入れを行ったことを縁に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会におけるハンガリー選手団の事前キャンプの誘致に取り組んで参りました。

 

このたび、2月9日に事前キャンプ実施に係る覚書締結式を実施しました。

 

ハンガリーオリンピック委員会クルチャール会長、福田知事、大川栃木市長、大久保小山市長、齋藤矢板市長、花塚さくら市長が出席し、ハンガリーの9競技団体と覚書を締結しました。

 

今回の覚書締結を契機に、キャンプ受け入れに向け、県内市町・関係団体等と連携して万全な体制を整えるとともに、多くの県民の皆さまとおもてなしの心でハンガリー選手団をお迎えし、東京大会で最高の結果を残していただけるよう取り組んでまいります。

 

○締結競技

     栃木市:近代五種

       小山市:水球、新体操、体操

       矢板市:自転車、ゴルフ

       さくら市:トライアスロン

       栃木県:空手、テコンドー

  ※平成29(2017)年に締結した陸上競技(栃木県)と合わせて、覚書を締結したハンガリー競技団体数は、10団体となります。

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。