スポーツ・健康 スポーツ・健康

スポーツ振興と健康づくりの機運を高めよう

第3回桜の木の植樹会を開催しました!

平成30(2018)年12月2日、県総合運動公園にて「第3回桜の木の植樹会」を、県と総合スポーツゾーン関連工事安全協議会の共催で開催しました。

 

桜の木の世代交代を図るとともに、将来を担う子どもたちに緑化活動の楽しさや充実感を知ってもらう取組みとして、一昨年、昨年に引き続き植樹会を開催し、今年は、新たな桜の広場として再整備を行う陸上競技場西側周辺に、病気に強く長生きする「ジンダイアケボノ」という新種の桜26本を植えました。

 

当日は、福田知事や阿部県議会副議長をはじめ、公園周辺の五代若松原地区連合自治会や姿川地区連合自治会の方々など、約250名に参加していただき、たくさんの子どもたちにも参加していただきました。

参加した方々は、高さ約4m、幹回り約20cmの桜の木を立て、スコップを使って根に土をかぶせたり、水を掛けたりしながら、丁寧に植樹を行っていただきました。

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像もご覧ください。